ダンベルを上げると気分も上がる?筋トレで鬱や不安感が楽になる

f:id:ryo_72:20181124190224j:plain

 

「筋トレは精神的にもプラスになる」

 

というと「また、筋トレかよ」という感じだと思いますが、もう少し読み進めていただきたい。

 精神的なものに関しては「はいはい、根拠もないのに」と言いたくなってしまう僕ですが、今回は、筋トレと鬱や不安感の関係について考えていきます。

 

もっとも複雑に作られている「心」は筋トレでどのように変化していくのでしょうか。

 

 

ダンベルを上げると気分も上がるのか

 何でも体力で解決できる!みたいな話は苦手なのですが、これが嘘でもないようで。

事実、トレーニングが鬱の症状を軽減させるという報告があるんです。(33件の研究報告をまとめたメタアナシスで、被験者は成人の男女1,877人。)

 この報告では、年齢や性別、健康状態、運動強度などに関わらず、鬱の症状を優位に減少させた(軽度〜中度の鬱症状を持つ方に、より改善が見られた)としています。これは鬱と診断を受けているかどうかも関係なかった。

 

つまり、ほとんど例外なく、鬱症状が改善された。ということです。

 

 また、この効果は筋肥大によるのもではないので、マッチョになる必要はありません。そのため、どんな重さで、どんな種目を、週何回やってもいい。もっと言えば、体に変化がなくてもいい。

 

細かな設定は無視!ただ、トレーニングするだけ。

 

 実は、筋トレだけでなく、有酸素運動でも不安症状を緩和させることを示した報告はいくつもあります。有酸素運動では、セロトニンやβエンドルフィンなどを増加させること、安静時心拍数の低下などの影響から不安が緩和される、と推測されています。

 

 こういった報告があっても「プラセボ」という指摘がされることはよくあります。期待から生まれる、いわゆる”気のせい”ではないかと。

精神的な鬱という症状に対する関係を調べる上で、心理的な影響を排除することは不可能で、プラセボの側面があるとはいえ、実際に鬱の症状を減少させたことに変わりはありません。

 

 鬱と診断されている方に限らず、ストレスの発散やネガティブな心理状態の改善に筋トレや有酸素運動はいい選択になると思います。

 

 

 運動していてもネガティブな僕

 こんな記事を書いている僕は日常的に運動するにも関わらず、基本的にネガティブです。運動をやめたらどうなってしまうのか...

 これは個人の感覚ですが、ネガティブな思考になっている時やモヤモヤした感情が残っている時のトレーニングって、本当にスッキリするんですよ。

スマホゲームがストレス発散に効果があるとか、瞑想で精神的に安定するとか言われますが、筋トレも近い部分があると思っています。

 

 僕の場合「あの時、もっといい方法があったよな...」と過ぎた問題がずーっと頭でループして、どんどん脳に靄がかかるようなイメージ。物事をどんどん複雑に考えてしまう思考は本当にタチが悪い。

 こういう思考になった時には「いかに思考しないか」がポイントになっていると思っていて、この環境を作るには筋トレが丁度いいんです。

 

まだいける!もう1回上がるだろ!バカ野郎ー!!

 

 トレーニング中は、重さを上げることにだけ集中しているので「あの時、こうしていれば...」なんて考える余裕はありません。一瞬、浮かんできてもイラだった感情を発散できる環境なので、後を引かない。

イラつかせた相手を傷つけるのではなく、その怒りで筋肉を傷つけるわけです。ストレスはない方がいいですが、現実的ではありません。どうせプラスにならないストレスは、筋肥大の材料にしてしまおう。

 

 考えないようにしよう!と思うのではなく、考えられない状況にしてしまう方が、簡単で、早くて、健康的な方法かなと思っています。

 

 

まとめ

 今回、運動で鬱や不安感が楽になるかもしれません、という話でしたが「鬱の人は筋トレや有酸素運動すれば治る!」という魔法のような話ではありません。0か1かではないんです。

しかし、慢性的にネガティブな気分になる方は、筋トレや有酸素運動を始める価値は十分にあると思います。

 実際、これまで僕の周りでも鬱の方が5人ほどいましたが、4人の方はトレーニングが合っていたようで、症状が良いと話されていました。(もう1人の方は、習慣になるまで至りませんでした)

 無理のないよう回復日をしっかり確保しながら、週2回ほどを目安に、様々な種類のトレーニングを行えるといいのではないでしょうか。普段運動の習慣がない方は、ジムに行くだけで非日常に感じられたりもするので、とくにオススメしたいです。

 

 この記事を読んでしまった方、運が悪かったと思って、次の休日に何でもいいので運動してみてください。

 

以外と悪くない気分になりますよ。