文章力のない僕がブログを読みまくって作った『記事のテンプレート7タイプ』。

f:id:ryo_72:20170918000254p:plain

ブログを始めて最初に悩んだのが『記事の構成』でした。

書きたいことがあっても何から書けばいいのかも分からず、上手くまとまらない...そんなブログを始めた当初、様々なブログ記事を読んでざっくりとしたテンプレートを自分用に作っていました。

今回は、この『7タイプのテンプテート』を紹介しようと思います。

※趣味程度のブログですが、少しでもヒントになることがあれば幸いです。

 

物語タイプ

f:id:ryo_72:20170915151755p:plain

体験談や成功体験などの物語風の記事では、文章の基本的な構成である起承転結に加え「この体験をして…今後…」という未来の部分を書いている記事が多くありました。

起承転結の結にも含まれるのですが、体験から感じたことや今後のことのパートに熱量があると、小さな体験の記事でも、何となく貴重な体験感がでて、読み応えを感じました。また最終的にはポジティブにまとめられている記事が多いのも印象的でした。

なので、この物語タイプでは『起承転結+未来』となっています。

 

思い出・日記タイプ

f:id:ryo_72:20170912042026p:plain

旅行や買い物などの記事では時系列を軸に書いてあると読みやすく、記事もまとめやすそうだったので、この形にしました。

このタイプは、出来事のパートが大部分を占めていて、写真が豊富に使われているのが特徴です。写真が並んでいるだけでも形になりますが、補足情報や感想が書かれていたり、同時に商品やお店のレビューが書かれている記事は情報量に厚みがあり、読み応えがありました。

また、近場の買い物でも目的が最初に書いてあると、全く知らない人の記事でも飽きずに最後まで読めたので、目的の場所や商品を書くと読みやすいかもしれません。

 

問題提起タイプ

f:id:ryo_72:20170912042031p:plain

話題のニュースや体験から自身の意見を書き、問いかける『問題提起タイプ』。

このタイプでは、結論から先に書き、その後に結論に至った理由や体験談を書きます。

最後にまとめて結論でもいいと思いますが、書き手の主張が分からないまま進むと、間延びした感じがあり、何となく読みにくい感じがあったので、結論を先に書く形になっています。

ニュースやSNSの投稿などを引用して、問題の詳細が分かりやすく構成されていると書き手の主張がイメージしやすく、問題提起の中に誰もが体験したことのある例が書いてあったりすると、より引き込まれました。

 

論破タイプ 

f:id:ryo_72:20170912042046p:plainこの『論破タイプ』は、客観的事実や反論に対する回答まで書くことで、問題提起タイプよりも主張が強く読み取れます。

感情むき出しで書いてある記事よりも、テーマや問題の内容が分かりやすく、客観的事実が書かれていると説得力もあります。また、読み手と書き手のテンションのギャップが少なく、冷静に書かれている記事の方が読みやすかったです。

主張したいことが多すぎると「結局何が言いたかったんだろう...」みたいな記事になりやすいので、主張はできるだけ簡潔に書くと伝わりやすいかもしれません。

 

解説タイプ

f:id:ryo_72:20170912042036p:plain

分かりにくい仕組みやニュースの解説をしてくれる記事がこの『解説タイプ』。

このタイプの記事では、図解や参考記事を紹介しながら進み、最後に要点をまとめて書いてある記事が多く、個人的には過度に親切なくらいが分かりやすかったです。

解説タイプでは専門用語の少なさや例えの秀逸さが魅力で、最も分かりやすさが求められるタイプの記事だと思います。

 

まとめタイプ

f:id:ryo_72:20170912042049p:plain

「オススメの◯◯ベスト10」や「最近見た映画5本を紹介」など、ある情報の中からいくつかにまとめるのが、この『まとめタイプ』。

この記事では、紹介するもの(A,B,C)に加え、レビューや感想、アピールポイントなど(ひとこと)を書く形が多かったです。シンプルな形ですが、独自の分析がされていたり、SNSでの反応など、書き手の色が強く出る記事だと思います。

 

レビュー・PRタイプ

f:id:ryo_72:20170912042040p:plain

このレビュー・PRタイプは、より商品のレビューに特化していることが特徴です。

商品の詳細をまとめてもらえるのも嬉しいですが、商品に出会う前と出会った後のギャップがどのように書かれているかがポイントのように思います。

商品に出会う前(購入前)と出会った後(購入後)で具体的な体験や感想、またネガティブな意見が書かれていると参考になりやすく、純粋に記事を読めました。

 

まとめ

今回、物語タイプ、思い出・日記タイプ、問題提起タイプ、論破タイプ、解説タイプ、まとめタイプ、レビュー・PRタイプの7タイプのテンプレートを紹介しました。

すべて僕の感想になってしまっていますが、どこか一部でも共感してもらえる部分があれば嬉しいです。