読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名トレーナーのアレコレ

このブログは仕事につかれたトレーナーがちょっと考えたり、どうでもいいことをアレコレ書くブログです。

水素水ビジネスの破綻

www.huffingtonpost.jp

私は移動中などにニュースアプリで情報収集するのですが、先日こんなニュースが出ていました。

この記事はここ数年話題になっていた水素水に健康効果がないという記事。

雑誌やテレビで紹介などもされていて飲んだ事のある方も多いと思いますが味はただの水なんですよね…。

水素水の効果でよく言われるのが美肌、アンチエイジング、ガンにも効く!など…聞く人が聞けばまたその手の商品か。という感じだと思います。

水素を気体で摂取する研究や今回のように水素水の研究もされていますが、臨床研究において水素水を日常的に摂る効果というのはまだ分かっていないのが現状です。

それに加え、研究で行われるのは半年間毎日2L飲んだ時に若干効果が出たなど、とても極端な量と頻度なので、飲んで必ずしも効果が得られる訳ではありません。

経済的には水素水の代わりに人間ドックに投資した方が健康管理としてはコスパも高いように思います。

 

業界に対する疑問

水素水ブームに疑問を持っていた方も多いと思います。

健康やフィットネス分野においても時代ごとに流行が存在します。酸素、バランスボール、体幹トレーニングなどなど…この手の流行を大きくしているのはフィットネス業界が暇だからです。

臨床研究において健康にいい影響を及ぼしたことが確認されているものは限られており、本質的にいいものだけをビジネスとして行っていても話題性もなく、売り上げにも繋がらないため、消費者にわかりやすく珍しい流行を作る必要があるのです。

実際大手ジムだけでなく、プライベートジムでも水素水に関するキャンペーンを打ち出したり、特典で水素ボトルプレゼントなど業界としてひとつの流行を大きくしていこうとする流れがあります。

 

一番怖いのは業界の中にもこれを本気で信じている方がいることです。ジムの管理者全員に頻繁に研究報告を読めとは言いませんが、情弱を狙ったビジネスにどうしても見えてしまい私は好きになれません。

こういった商品が流行することでよく聞くのがプラシーボ効果です。つまり、「信じれば何かしらの効果があるかもしれませんよ!」程度の話です。

こんなにほぼ詐欺に近い商品を勧めている状況を見ていると非常に残念です。

 

まとめ

この手の流行は、芸能人が使っていたり、メディアに取り上げられたりすることで社会的証明がされたもののように見えてしまいます。

この時、売り上げが一時的に上がり、そこからは頭打ちになってしまっています。淘汰されていくことに変わりはありませんが、曖昧なものを提供することで自社ブランドの信用性も低下してしまいます。このニュースが出たことによって水素水をゴリ押ししにくくなりました。


ジムに通われている方、これからの店舗の対応に注目してみてください。