読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名トレーナーのあたまの中

このブログは仕事につかれたトレーナーがちょっと考えたり、どうでもいいことを書くブログです。

8時間ダイエットの疑問

Sports Kiite

           f:id:ryo_72:20161221010535j:plain

今年もいくつもの○○ダイエットがでましたが、最近話題になるのが8時間ダイエット。

 

8時間ダイエットに関しては2年程前から認知されていたように思いますが、なぜか私の回りでは今話題になってます…。

 

もともとはアメリカの有名雑誌の編集者が書いたダイエット本から生まれた「1日の食事を8時間以内に食べるだけ!」という新しいダイエット法らしいです。


日本でもメディアで取り上げられ、芸能人がこの企画で痩せたことで知名度が上がりました。

分かる方はもう胡散臭いと思って頂けていると思いますが、ダイエットの概要と私が感じる疑問を書いていきます。

 

8時間ダイエットの方法

  8時間好きなものをたべるだけ

1日8時間の間に食事をして、残りの16時間は何も食べない。16時間の断食中に脂肪が燃えるため、面倒なカロリー計算の必要がなく、なおかつ好きなものを好きなだけ食べられる!ということです。

  スーパーフードを食べる

スーパーフードと呼ばれる、健康に良い食べ物(赤身肉や卵、ナッツ類、ベリー、葉野菜、果物、穀物類、乳製品)を1日2種類程取り入れることで脂肪燃焼が促進されるため、1日8分間ほどの軽い運動をすれば痩せる。ということです。

 

以上が8時間ダイエットの概要です。ここから私の考察に入ります。

 

ダイエットの方程式は変わらない

目的がダイエットであれば、基本的には食事のポイントは変わりません。
体重のの変化はカロリー収支が全てです。どの栄養素をどれくらいの量を摂るかで筋肉と脂肪の割合と体重が変化しています。そのため、何時間の間やスーパーフードならOKというわけではありません。どの食品も8時間の間に摂ったカロリーが消費カロリーを上回っていると減量することは出来ません。

 

なぜ痩せる人がいるのか

ひとことで言えば食事を8時間に食事を収めるとなると、朝食を抜きがちになってしまいます。それにより結果的に1日の摂取カロリーが少なくなることで痩せている人が出ているように思います。

当たり前の事ですが8時間好きなだけ食べたものが、16時間我慢することで無になったりはしません。

また8分間程度の軽い運動では何も変化はないと思ってください。このことからも8時間ダイエットに大きな効果は見込めません。

仮にダイエットに成功した後も脂肪と同時に筋肉が落ちていることが考えられますので、食事量を戻した時のリバウンドにご注意ください。

 

話題になるには訳がある

毎年○○ダイエット系は何かしら話題になりますが、科学的根拠を元に作られたの○○ダイエットはほぼありません。

この8時間ダイエットもそうですが、基本的には情弱の消費者を対象としているので「無理しない、○○するだけ!」というあり得ないファンタジーの世界を描いています。

 

目の前に次の題名の本があったらどちらを買いますか?

①「ソファーに座っているだけで痩せる!」

②「週3回の筋トレと有酸素運動で痩せる!」

 

普通に①の方が気になりますよね...。私も①を手にとって②は手に取らないと思います。

 

どの本も売る事を目的にしているので、仕方ない部分もあるのだと思います。

8時間ダイエットはアメリカの有名雑誌から生まれているので、ビジネス思考の高い記事だと勝手に思っています。

 

ビジネスとして割り切って売っているなら、個人の選択なので仕方ないなと思いますが、著者本人が信じ込んでいるものに関しては本当に残念に思ってしまいます。

 

 

まとめ

ここまで説明しなくても「またバカな内容だ」と思って頂けている方もいると思いますが、情報が溢れている現在何が正解なのか分からないのも理解できます。少しでも真面目にダイエットを考えている方のお役に立てれば幸いです。