ブログやSNSの写真に悩まない!100円ショップで揃う『物撮りシート』を作ってみた。

f:id:ryo_72:20170908031018j:plain

ブログで紹介する本や購入した商品の写真を撮る時「どこを背景にしよう...」と悩むことが多々あります。自宅には綺麗に撮れそうな場所も、おしゃれな背景もないので、いつも白い壁を背景にしてしまいます。

ブログのために引っ越すわけにもいかないし、外出先で撮るのも面倒...できれば「撮るだけで綺麗に見える背景が欲しい!」けど「お金もかけたくない!」

そこで100円ショップを利用して背景になるシートを作ってみました。

 

ダイソーの『リメイクシート』で物撮りシートを作る

まず「お金をかけたくない」ということで、自宅の最寄駅にあるダイソーを覗いてみることに...すると”リメイクシート”なるものが!

このリメイクシートは、裏面がシールになっており、家具や小物などのちょっとしたイメージチェンジができるシートで、様々なタイプのシートがありました。

f:id:ryo_72:20170906115924j:plain

木目柄や英字新聞っぽいもの、布や大理石など、20種類のリメイクシートがありました。大きさに違いはありますが、どれも使えそうなものばかり。

f:id:ryo_72:20170908031018j:plain

今回買ったのは、板壁風 ブラウン・ブルー(45×90cm)、大理石柄(30×80)の3種類と、このリメイクシートを貼り付けるPPシートというものを購入しました。

このPPシートは、薄いプラスチックの板のようなもので、耐久性が強く、ハサミやカッターで切って、簡単に好きな形を作ることができます。僕が買ったのは、390×550mmの大きさですが、もう一回り大きいサイズもあるようです。

このPPシートにリメイクシートを貼っていきます。

f:id:ryo_72:20170906014341j:plain
f:id:ryo_72:20170906014404j:plain

大理石柄のシートはこんな感じです。

折りたたまれているので、少し折り目がありますが、想像より薄く、切りやすかったです。リメイクシートの裏にはマス目があり、いちいち長さを測る手間もなく、スムーズに切ることができます。

f:id:ryo_72:20170906014352j:plain

切り終わったら最後に貼り付け作業に入ります。ダイソーで買ったPPシートと自宅にあったA3サイズのカードケースに貼り付けます。

A3サイズのカードケースは表面が硬くツルツルなので、一回貼ってしまうと、ミスした時にとても剥がしにくかった...しかし、PPシートは、若干表面がザラザラしている半透明タイプを買ったので、ミスした時も剥がしやすい!

スマホの保護シールなどを貼るのが苦手な方、PPシートの半透明タイプがオススメです。こういう貼り付け作業で隙間に空気が入ることがありますが、空気も入りにくい感じで、細かい作業が苦手な僕も10分くらいで3種類すべて貼り終わりました。

 

1枚200円で作れる物撮りシートが完成! 

これで物撮りシート完成です!といっても切って貼っただけですが......写真がうまく撮れず分かりにくいところもあると思いますが、こんな感じになりました。

※効果的だったか不安ですが、シートの不自然な光の有無を分かりやすくと思い、小ビンを置いています。

板壁風(ブラウン)

f:id:ryo_72:20170906201416j:plain
f:id:ryo_72:20170907200230j:plain

板壁風(ブラウン)は、A3のカードケースに貼り付けたのですが、撮り方によっては、ちょっと小さいかもしれません。光が若干反射してしまうのが、リメイクシートの欠点だと思いますが、この程度なら許容範囲ではないでしょうか。

 

 板壁風(ブルー)

f:id:ryo_72:20171129010527j:plain
f:id:ryo_72:20170906195940j:plain

板壁風(ブルー)は、PPシートに貼り付けたのですが、やはり大きい方が撮りやすかったです。すべてPPシートで作ればよかった...

色も強すぎず落ち着いた青で、ビンから反射した光でシートが変に光ることなく撮れました。

 

 大理石柄(ホワイト)

f:id:ryo_72:20170906201409j:plain
f:id:ryo_72:20170906195822j:plain

大理石柄(ホワイト)もA3のカードケースに貼ってしまいました...ただやはり白は写真写りがいい!近くに寄っても大きな違和感なく撮れました。

大理石柄なら光が反射していても気にならないですし、木目や板壁はあっても大理石ってなかなか家にないと思うので、家にない素材の柄を選ぶと結構使えそうです。

 

さっそく先日の記事で使ってみました。

mumei-t.hatenablog.com

f:id:ryo_72:20170830165323j:plain

自宅にはないブルーの背景がすごく新鮮です!

ちょっと大きめの物をとる時は、PPシートに貼り付けた板壁風(ブルー)でないと、入りきりませんでした。持ち運ぶわけではないので、大きめの物に貼り付けた方が何かと使いやすそうなので、大きめで作ることをオススメします。

 

まとめ 

すべて100円ショップで揃ったので、全部で400円ほどでした。2種類作ってもPPシートの両面貼れば300円ほどで作れます。

これで小物や本を撮る時の背景で悩むことも少なくなりそうです。

今回は、ダイソーのリメイクシートを利用しましたが、ダイソー以外にもリメイクシートを置いている100円ショップはあるようなので、チェックしてみてください。

ブログやSNSで「いつも同じ背景ばっかりだな...」と悩んでいる方、自作の物撮りシートを作ってみてはいかがでしょうか。