ヒトの体と心のデザインを読み解く『なぜペニスはそんな形なのか』

f:id:ryo_72:20180906144830j:plain

 

まず最初に『なぜペニスはそんな形なのか』という本、タイトルのインパクトが強すぎますが、エロの要素は一切ありません。

 

── なぜ、股間への衝撃は激痛を伴うのか

── なぜ、睾丸の位置は一定でないのか

── なぜ、女性同士はあんなに残酷なのか

 

男性の方であれば、股間に激痛が走った経験の1つや2つあることと思います。僕も自転車のハンドルが自分の股間に直撃したときには、もう形すら成していないのでは...と覚悟しました。

 

話をもとに戻します。

 

身体や心の悩みというのは人それぞれ。誰もが一度は、こういった疑問を感じながらも「なんとなくそうだから」と僕も含めて向き合ってこなかった人がほとんどでしょう。

その誰もが感じたことのある悩みから、著者が実際に感じていた疑問について数々の視点を提供しながら「君はどう考える?」と問われる本が、今回紹介する『なぜペニスはそんな形なのか』です。

「ヒトについての不謹慎で真面目な科学」というサブタイトル通り、298ページにわたって科学的視点を交えながら、いたって真面目に進んでいきます。

その内容がちょっと不謹慎なだけで。

なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学

なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学

 

f:id:ryo_72:20180902153717p:plain

目次はこんな感じ。

著者がゲイということもあり、後半は同性愛などの視点も書かれています。33のエッセイから構成されており、どこからでも読み始められます。

ただ1つ注意点があるとすれば、人目があるところでは少し読みにくい...ということ。

f:id:ryo_72:20180902162946j:plain

なぜ、このページをあえて選んだのか。

実は中学時代の知人が、まさにこの奇行に憧れ、努力を続けた結果、見事に成功させたのです。現場は確認していませんが、彼の達成感に満ちた顔は今でも思い出せます。

彼は柔軟性という才能で、成功させしましたが、イタリアの詩人ガブリエーレ・ダヌンツィオは、この行為をするために骨を1本取り去った、という衝撃的な話も書かれています。── 一説によると、自力で達成できるのは1000人中2〜3人ほどだそう。

それぞれのエッセイで生物学的実験や研究が数多く紹介されていますが「答えはこれだ!」という断定的な表現はなく、この詩人の話のように、実際に「こんな人もいるよ!」と研究や実験以外の話も提示し、それらを元に考え方をシェアするような本となっています。

 

そんな知人を思い出しながら、序盤から不謹慎な科学に魅了されました。

 

タイトルになっている「なぜペニスはそんな形なのか?」や「どうしてぶら下がっているの?その理由」などは、なるほどな〜と納得させられます。ここで納得した方は、最後まで興味深く読めるはず。

後半から少しテイストが変わり「君はどう考える?」と問われだします。一つ読み終えたら、一度本を閉じて考えたくほどでした。

 

特に印象的なのが「プレ同性愛者 性的指向を予言する」。

このエッセイの中で、子供からゲイだと告白された時に「最初からわかっていいた」と答える親が多いことについて。

 

ぼくのまわりにある種の用意があれば、ぼくがたえず拒絶を恐れたり、「発覚」につながるへまをするのを心配したりすることもなく、もっと容易に生きることができたかもしれないということだ。

ジェシー・ベリング「なぜペニスはそんな形なのか」P222

本書の中でゲイである著者の視点はいくつも出てきますが、この言葉が最も印象的でした。

もしも本当に「自分の子供がゲイだ」気づくことができていれば、発覚を恐れ、あえてゲイに嫌悪感を示し、異性愛者のふりをする著者をどのように見ていたのか。幼少期から繰り返した葛藤は、必要がなかったものなのか。

僕は、友人や知人が異性愛者か同性愛者かは、正直どうでもいいと思ってる。しかし、これが自分の子供だったらどうか。

異性愛者である僕とその配偶者によって作られた環境で子供は育つことになる──こうして無意識に考えさせるところが、この本の不思議な面白さです。

 

世界の早漏を救うであろう「早漏のなにが早過ぎ?」、動物に対する愛情が止まらない「動物性愛」、なぜか心が苦しくなる「自殺者の心のなか」などなど...

「ヒトについての不謹慎で真面目な科学」というかなり広いテーマで書かれている本書は「普通」という言葉の凶器性を強く感じる一冊でした。

 

 

まとめ 

この本の残念な点を1つあげるとすれば、ところどころ翻訳がややこしい部分があったところ。気になる方は読みにくさがあるかもしれません。

どの本も読み手に委ねられる部分はあると思いますが、そのなかでも読後感が、読者によって、かなり異なる本だと思います。

僕は、この本から得た知識を披露するタイミングをずっと待ち続けている。(そんなタイミングは来ないだろうけど...)

 

なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学

なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学