ダイエットの強い味方!続けるための”サラダチキン”レシピ

f:id:ryo_72:20180925001401p:plain

コンビニも健康志向になってきているのか。低カロリー・高タンパクな商品も多くなってきているように思います。その代表的な商品が「サラダチキン」。

食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、セブンイレブンでサラダチキンを買うと213円/115g。そこまで高いとは思わないかもしれませんが、日常的に食べようと思ったら、積もり積もって結構な金額になりますよね。

そこで自宅で安くサラダチキンを作ってみようと思います。

 

思いはただ1つ ── あの美味しさを再現したい!

 

今回使うのは、100g当り78円の鶏むね肉670g。コンビニと比べるとかなり安い!ただ、このお肉も近くのスーパーで買ったので、安いところを探したらもっと材料費が抑えられると思います。

 

それではさっそく、調理スタート!!

 

 

f:id:ryo_72:20180925201649p:plain

今回使ったのはこれだけ。調べている中でいろいろなレシピがあったので、お好みでアレンジしてください。そのなかでも、砂糖を使ったレシピが多かったのですが、砂糖使わなくて美味しいならそっちの方がいいのでは...と思い、今回は使用していません。

 

 5分で終わる!下処理と味付け

f:id:ryo_72:20180924214657j:plain
f:id:ryo_72:20180924214631j:plain

まず、皮を取り除きます。皮ありでもOKです。(皮はカリカリに焼いて食べました)
そのあと、フォークで穴を数カ所、開けます。下処理は、以上。

 

ここまでは、プレーンもレモン風味も同じです。

ここから味付けに入っていきます。まずは、プレーンチキンから。

 

プレーンチキンの味付け

f:id:ryo_72:20180924214724j:plain
f:id:ryo_72:20180924214757j:plain

お肉に塩を小さじ1程度、すり込んでいきます。その後、ジップロック的な袋に入れ、お酢を小さじ1加えます。ここでもしっかり揉み込みましょう。ちなみに、このお酢はお肉を柔らかくする目的で加えるようです。

 

*知らなかったので調べてみました「なぜお酢でお肉が柔らかくなるのか」*

お肉にお酢を漬けることで、phの引き下げや肉中のタンパク質の分解によって、肉の保水性が高くなり、お肉が柔らかく仕上がるそう。ただ、多いと酸味が強くなるので注意しましょう。また、お酢に含まれる酢酸は、クエン酸よりも肉への浸透性が高いという報告も出ていました。

 

続いて、レモン風味ペッパーチキンの味付けです。

 

レモン風味ペッパーチキンの味付け

f:id:ryo_72:20180924214820j:plain
f:id:ryo_72:20180924214832j:plain

むね肉をジップロックに入れ、レモン汁(大さじ1)オリーブオイル、コンソメ顆粒(小さじ1)、にんにくチューブ(2cmほど)、コショウ(適量)を加え、揉み込みます。

以上でチキン2種類の下処理と味付けは完了。

 

味を染み込ませて、じっくり加熱

f:id:ryo_72:20180924214901j:plain

まだ食べれません...ジップロック内の空気をしっかり抜き、一晩置きます。

 一晩おいたら、茹でて完成です。

f:id:ryo_72:20180924214846j:plain

高温で一気に火を通して食べたいところですが、ゆっくり加熱していきます。

まず、鍋に多めの水を入れて、沸騰したら、むね肉の入った袋を鍋に投入。むね肉を入れている袋は、耐熱温度を確認してから入れましょう。(僕も加熱不可の商品だったので、買い直して、耐熱性のものを使用しています。ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

火を止め、蓋をしたら1時間放置します。

・・・

1時間後。ひっくり返し、もう1時間放置します。

・・・

 

完成!

 

手作りサラダチキン完成!

f:id:ryo_72:20180924221900j:plain

ついに出来上がりです。下処理・味付け5分。一晩放置、加熱2時間という2日間に渡った調理が終わりました。

見た目は市販のサラダチキンと変わりない。それどころか、ジップロックを開けた瞬間、鶏肉の美味しそうな匂いが広がります。そして何より柔らかい。(写真が悪いですが...)

それではいざ!実食!

・・・

めちゃめちゃ旨い!

2日間待ったということもありますが、料理を一切しない僕が作ったとは思えないほど美味しいです。どちらかというと、レモン風味の方がオススメです。茹でただけのむね肉よりも圧倒的に美味しく食べられます。

ただ、砂糖入れたらもっと美味しいのではないか、とは思いました。

 

冷えたら硬くなって美味しくなくこともあると聞いたので、もう一度ジップロックに戻し、冷蔵庫で1日冷やしてから食べてみました。

確かに味は落ちます。出来立てのときの香りはなく、ジューシーさも落ちます。

それでも、味の変化はなく、個人的にはコンビニのサラダチキンよりも美味しい気がします。

 

時間はかかりますが、安く美味しいチキンが作れるので、ぜひお試しください!!

 

調理しながら考えた「なぜ、むね肉よりもも肉が人気なのか」

まず、調理しながら思ったのは「鶏のむね肉ってデカイな...」ということ。

鳥類の胸筋(むね肉)は、全身の骨格筋の約1/4を占めていて、本当に筋肉量だけで見れば「飛ぶためのボディデザイン」なんですよね。

同じ鶏肉なら”むね肉”よりも”もも肉”の方が人気があると思っているのですが、実際どうなのでしょう。そもそも同じ鶏肉で何が違うのか。

1つ質としてあげるとすれば、結合組織(腱、筋膜、筋内結合組織)の量です。むね肉は大きな筋肉で構成されていますが、もも肉は多くの筋肉の集まりで構成されているので、もも肉の方が結合組織(コラーゲン質)が多いんです。

この結合組織がもも肉の「歯ごたえ」につながり、加熱するとゼラチン化し、柔らかくなります。また、脂肪もむね肉に比べ多い。

この部位による組織の差も人気を分けている一因かもしれません。

 

まとめ

最後に脱線しましたが、今回は自宅でサラダチキンを作ってみました。

放置する時間が長いだけで、調理時間としては5分程度で終わります。作り置きしておくと、タンパク質豊富で美味しい鶏むね肉がいつでも食べられるので、ダイエット中だけでなく、栄養価の高いおやつとしてもオススメです。

食べ応えのあるダイエットレシピがあれば、また作ってみたいと思います。料理下手でも作れるものがあれば、教えていただけると嬉しいです。

 

*参考レシピ*

サラダチキン風♡レモンペッパーチキン(鶏ハム)【#作り置き】 by Yuu | レシピサイト「Nadia | ナディア」プロの料理を無料で検索

格安の胸肉がしっとりおいしく!「コンビニのサラダチキン」を手作りしてみた【レシピ付き】 - たべぷろ