ダイエットの停滞期をぶち壊す!『ご褒美DAY:チートデイ』のススメ

f:id:ryo_72:20181117221221p:plain

 

 停滞期。

 

 体重の数値や体に変化を感じられない期間はやりがいもなく、モチベーションも下がります。いっそ、もう止めてしまおうかと思うこともありますよね。

 

あんなにトレーニングして、食事も気を使って「体重が変わらないなんて、何事だ!」

 

そんな時に利用して欲しいのが「チートデイ」。

騙すやごまかす、という”cheat”の意味通り、体を騙す目的で使われるテクニックです。

 

今回は停滞期をぶち壊す「チートデイ」について紹介していきます。

 

 

”チートデイ”って何?

 「チートデイ」はダイエット中のテクニックの1つで、週1回を目安に何を食べてもいい日をつくるという方法。

 

つまり「ダイエットのお休み日」です。

 

 ダイエット中はどうしても質素な食事になってしまい、この少ない摂取エネルギー量が続くと、ホメオスタシス(恒常性)の働きで、体が慣れてきてしまい代謝(消費エネルギーが減る)が落ちていきます。

体がエコモードみたいな状況になっていくわけです。

代謝が落ちてくると、体重の変動がみられない時期(停滞期)になります。この時期は数値的な変化が見えにくく、モチベーションが下がりやすい時期でもあります。イライラしたり、体重計に乗りたくなかったり。

 このタイミングでチートデイを設定すると、体にたくさんのエネルギーが入り、体は代謝を上げようと再び動き出します。(脂肪細胞からレプチンの分泌が増え、脂質消費に関わるホルモンが分泌される、テストステロン分泌が上昇するなどの要因があります。)

 

食事の内容「なんでも好きなものを!」

 実際、チートデイは具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか。

チートデイはカロリーや食品など、とくに決まっていないので、どの食べ物をどれくらい増やすかは、個人によって様々です。

 

  • 炭水化物だけ増やす
  • 低GIを高GIに切り替える
  • なんでも好きなものを食べる

 

など、基本的には自由です。

方法にもよりますが、焼肉、ラーメン、ケーキ、唐揚げ、なんでもOK!

 僕の場合、最初はなんでも食べていましたが、最近は炭水化物だけ増やして、体重の経過を見るパターンが多いです。とくに計算せずに、いつも抑えめに食べている白米を通常量食べるとか、スイーツを我慢していたから食べるとか、基本的には細かな設定はしていません。空腹に合わせて食べています。

 チートデイはダイエット中に設定したカロリー制限を無視して好きなものを食べることができるので、食べられないストレスを発散することもでき「明日からまた頑張ろう!」と、今後のダイエットのモチベーションにもなります。

 

ただし、このチートデイはダイエットを頑張っている人にのみ効果を発揮します。

 

 そこそこの頑張りの人がチートデイを設けても、摂取カロリーが増えるだけで、ダイエットを加速させる手助けにはなりませんし、週1日以上のチートデイも同様です。(週2回行う方もいますが、まずは週1回でいいでしょう)

チートデイから「もう1日、もう1日...」とズルズル続けることがないよう、あくまで1日限定で。

 チートデイでは、制限なくカロリー摂取をするため、体重は大きく増えます。これは1日で体脂肪が増えたわけではなく、水分の影響で増えている部分が大きいです。一時的に体重が増えても、翌日からダイエット食に戻していけば必ず体重は落ちていくので、恐れず食べましょう。

 

体重に変化がないからと、どんどんカロリーを削っていくのではなく、食べて停滞期を乗り切りましょう!

 

チートデイの設定方法

チートデイの設定日は2パターンです。

 

  • レーニングのボリュームが大きい日(脚や背中、胸などの大筋群)に設定する
  • 完全に休息日(トレーニングしない日)に設定する

 

 トレーニングする日に設定すると、普段より多くエネルギーがあるため、トレーニングの質が高くなります。挙上回数や重量が上がるなんてこともあるでしょう。休息日に設定して、その1日は体の回復とストレスの発散に専念するのもありです。

どちらが正解ということでもないので、体調やモチベーションによって設定しましょう。

 

チートデイの注意点

 

  • チートデイを引きずらない
  • 1週間でしっかりダイエットを進める

 

 ズルズルとチートデイを引きずらないことはもちろんですが、1週間後のチートデイで体に変化がないのは問題です。チートデイ以外の日で確実にダイエットを進めておく必要があります。必ず週1回設定しなければいけないわけではないので、変化がなかった場合、チートデイを次週に持ち越すのもいいでしょう。

 何回か行っていく中で、どんな内容にするか、どのタイミングで設定するか、は自由にアレンジして問題ありません。自分の体に合う内容やタイミングを見つけると、チートデイの質も向上していきます。

 

いろんなパターンを試してみてください。

 

まとめ

 チートデイは、停滞期を乗り切るのが一番の目的ですが、精神的ストレスの解消を行うことも同じくらい大切です。ダイエットをする以上、停滞期はあって当たり前です。ネガティブにならず、停滞期に突入した際には、6日間頑張った自分に週1回のご褒美DAY(チートデイ)を設定してあげましょう。

 

 なかには「えっ?昨日もチートデイじゃなかった?」みたいな人もいますので、くれぐれも次の日に持ち込まないように!